ペット好きによるペット好きのためのサイト

ペットフリーク

ペットフード

犬と猫用のフードは完全に分離しよう

投稿日:

犬と猫を同時に飼育している場合、どちらか一方が肥満または栄養失調になっている例が珍しくありません。背景として、犬は肉食中心でありながら雑食性がある動物に対して、猫派完全な肉食動物として肉のみから栄養が摂取出来るからです。このため、犬がキャットフードを食べるとカロリー過多になりすぎて肥満になり、猫がドッグフードを食べると消化できない成分が多すぎて栄養不足に陥ります。
実際に犬は糖分や脂質からもエネルギーを消化により取り出せますが、猫は肉のみからエネルギーを取り出すので身体の構造が全く異なるわけです。ドッグフードの成分を確認した時に、肉の割合が何%入っているか書いてある製品は少ない現状があります。肉の割合が半分以下ならば、猫がドッグフードを食べても半分以下しかエネルギー源を得られずに残りは消化できないものを食べたことになるわけです。単に消化できないならば良いですが、代謝システムがそもそも異なるために猫にとってドッグフードは害になることが少なくありません。犬にとってはキャットフードが高カロリー過ぎて、肥満体型となってしまう問題があります。ペットの寿命を縮める原因とならないように、犬と猫の餌は完全に分離して与えるようにしなければなりません。
水やミルクといった液状のものに対して、子犬や子猫の頃から同時期に飼い始めると、つい一緒に餌やりを行いがちです。しかし、互いに食べるものが異なるという認識を持たせなければ、事実上の動物虐待になってしまうと知っておく必要があります。かつてペットフードの研究が進んでいなかった頃の平均寿命は、現代よりも短く半分近くしかありませんでした。健康的にペットを飼育するためにも、ペットフード選びと飼育管理は飼い主の責任として天寿を全うするまで行ってあげたいものです。

-ペットフード

Copyright© ペットフリーク , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.